読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エモい心理学

こころってやつは。エモい、つまりエモーショナルな心理学論文を書き溜めています。

Enclothed cognition : 白衣を着れば有能になれる?

コンタクトレンズデビュー、おそらくデビューを冠する行為で最も年齢を問わない行為。そう思ったので眼科に行ってきました。(まだ20代ですが)

 

病院に入り、コンタクト処方をお願いしますと伝え、おとなしく着座。すぐに名前が呼ばれ、ざっくり問診。レンズのつけ方について軽くレクチャーを受けた後、目玉にごりごり擦りつけること30分、ようやくデビューしました。

 

診てもらったお医者さんなのですが、ひょうひょうとしていて新鮮でした。

「はじめてコンタクト入れるの怖いよね~」

こんなテンションだったので、まったく焦ることなく30分間トライできました。お医者さんって権威的で高圧的な態度で接してくるイメージあるので、こんな人もいるんだなと思ったり。

 

で、そんなお医者さんが着ている白衣についての論文です。白衣を着用することが認知的な課題成績に影響を与えるのか?というお話。

 

Adam, H., & Galinsky, A. D. (2012). Enclothed cognition. Journal of Experimental Social Psychology, 48(4), 918-925.

 

 

 論文の内容

タイトルにもなっているEnclothedですが、これは【接頭辞】en (~の状態にする)+cloth(服)+【接尾辞】edの造語のようです。

 

Enclothedとは、ただ単に衣服を着用している状態ということではなく、着用している衣服の抽象的な概念に心身が包まれている、と解釈すればよいのでしょうか。

 

そしてEnclothed cognitionとは、Enclothedの場合においては、その衣服が示す抽象的な概念が、着用者の認知的なプロセスに影響を与えるという主旨の説明がなされています。

 

さらに読み進めると、白衣はお医者さんや科学者の象徴なんだよって述べられています。で、それを着用することが着用者の注意深さやミスの低減に繋がるのではないか、という仮説が続きます。

 

実験は複数行われており、1つ目の実験では認知機能の測定手法としてストループ課題が用いられています。この課題成績について、白衣を着用している実験参加者と、着用しない(=私服)参加者とで比較しています。

ストループ課題(?)

アメリカの心理学者Stroopなどによって1935年に報告された課題で、参加者は、書かれている文字の色を答えるように教示される。文字の意味がその色と関係あり、しかも異なる場合(不一致文字)、参加者は困難を示す。例えば、赤色の「あお」という文字、緑色の 「きいろ」という文字の色を答えるような場合である。これは、文字の意味が、文字の色を答えることを阻害するためであり、参加者は文字の意味を答える傾向 (優位な行動)を抑制しなければならない。

行動の抑制 - 脳科学辞典

 

 

その結果、まず課題の不一致条件のほうが一致条件よりもミスが多いという統計的な差がみられました。よって、ストループ課題が課題として機能しているということが示されました。

そして、不一致条件において白衣を着ている場合のほうが白衣を着ていない場合よりもミスが少ないという統計的な差もみられました(Fig.1)。よって仮説は支持された、ということになります。

 

 

          f:id:rikiyan0513:20170403214957p:plain

 f:id:rikiyan0513:20170403222124p:plain

 

 実験2では、医者用ということが明示されている白衣(described as a medical doctor's coat)を着用する条件、ペインター用ということが明示されている白衣(described as an artistic painter's coat)を着用する条件、医者用ということが明示されている白衣をただ単に見る条件を設け、それぞれの条件で間違い探しゲームを行っています。

 

その結果、最初の条件のほうが後の2条件よりも多くの間違いを発見することができました。医者という文脈が認知機能に効いている、ということになります。

 

 

これらの結果により、特定の衣服を着用していてかつその衣服の抽象的な概念が関連付けられているときに、認知機能に変化を及ぼす、ということが言えると述べられています。換言すると、衣服を着用していても抽象的な概念が関連付けられていなければ、あるいは抽象的な概念が関連付けられていても衣服を着用していなければ、認知機能に変化を及ぼさない可能性があるということになります。

 

他にも、もしもナース服を着ていたら、それらは養護的な概念を有しているので、電気ショックを与えにくくなるかもねって著者らは言っています(どんな状況!?)。

 

感想

これ以前の研究にはあまりなかったのは、「着用者自身の認知」という点だと思います。「着用している人に対する印象」という研究は割と見かける内容ですが。

 

あと、「着用者の認知機能の変化」について明らかになりましたが、「着用者による着用者自身への印象の変化」も気になるところです。白衣を着ると、なんだか偉くなった気がしないかなぁ。

 

もう一つ。よくわからなかった部分があって、それが以下の文章。

  To provide a cover story, the experimenter told participants that other participants in prior sessions of this experiment had been wearing lab coats during lab construction.

よく心理学実験では、実験の意図が気づかれないようにカバーストーリーを参加者に教示するのです。この文章がその該当部分ですが、lab constructionの意味がよくわかりませんでした。研究分野によってはピンとくるのか??僕はピンとこなーい。

 

おしまい。